仮想通貨の用語集まとめ

 

今回は意外と知らない仮想通貨の用語をまとめました。

 

投資をしていく上で「何これ?」と思ったらこのページを開いて辞書のように検索してみてください~

やっぱり知識はあるに越したことはないです(特に初心者の方は)。日々の勉強だいじ!

 

ブログで書いた用語を優先して、随時更新していきますね。

「この用語を追加してほしい」、「ここ間違ってるよ?」等あればコメントお願いします!

 

とこやん

一緒に勉強していこう!!!

 

おすすめ記事

仮想通貨取引所おすすめランキング 日本・海外別に紹介

あ行

・あ

・アドレス

銀行口座でいうところの「口座番号」のようなもの。

ウォレットには全てアドレスがあり、送金したり入金する時には必要になる。

・アルトコイン

ビットコインを除いた仮想通貨の総称

2021年現在2,000種類以上存在していると言われ、それぞれのコインには特徴があります。

中には詐欺(スキャ厶)コインもあるので注意が必要です。

また、ボラティリティ(価格変動幅)も非常に高いです。

・暗号資産(あんごうしさん)

仮想通貨の正式名称

インターネット上で取引ができて、国による影響を受けない財産的価値のあるもの。

データ上で取引され、ブロックチェーン技術によりデータの真正性が保障されている。

発行主体が存在しないので、非中央主権型と言われる。

・い

・う

・ウォレット

仮想通貨のアドレスと秘密鍵を格納するソフトウェアのこと。

仮想通貨を保有するための財布のようなもので、すぐに残高を表示できる。

様々な種類・形式のウォレットが存在する。

・え

・エアドロップ

プロジェクトが投資家に対して、仮想通貨やトークンを無料で配布すること。

知名度や流動性を高め、保有するユーザーを増やすことが目的とされている。

無料でもらっておいて損はないので、参加してみると良いよ!お祭り気分を味わえますw

・NFT(エヌエフティ―)マーケットプレイス

NFTは「Non-fungible token」の略

ブロックチェーン上に記録されたゲームのキャラクター、美術品、不動産等などのNFTを仮想通貨と交換できる。2021年度に入り拡大が爆発的に起こっている。

・ATH(エーティーエイチ)

別名:過去(史上)最高値

「All Time High」の略

仮想通貨はボラティリティ(価格変動幅)が大きいので色々な銘柄で訪れる。

・お

 

か行

・か

・Gas代(ガス代)

仮想通貨「イーサリアム」で取引を実行する時にかかる取引手数料のこと。

最近の高騰は凄まじく、問題となっている。

・ガチホ

別名:HODL

「ガチ(本気)でホールド(保有)」の略

短期目線でトレードを繰り返すことは難しいので

長期目線で多少の暴落があっても保有し続けることです。

ただ、大暴落したときに保有し続けると損益が膨らむ可能性があるので場合によっては損切りも必要です。

・き

・く

・草コイン(くさこいん)

アルトコインの中で時価総額が低く、他の主要仮想通貨に比べて投機性の高い通貨のこと。

価値が低いので、大量に保有した上で価格が暴騰すると大幅な利益を得ることができます。

・け

・現物取引(げんぶつとりひき)

仮想通貨を実際に売買する方法です。

円などの法定通貨を対価として購入を行います。

・こ

・公開鍵(こうかいかぎ)

別名:パブリックキー

第三者に公開する鍵のことで、自分のみ知っている秘密鍵とは対になるもの。

公開鍵は秘密鍵で行われた署名と照合し、改ざんされていないかなどを確かめる役割を果たしています。

・コンセンサスアルゴリズム

別名:取引承認方法、例:ビットコインのPoWなど

中央集権的な管理者が存在しないP2Pネットワークでは、システムを保つために意見が食い違ったときに合意を得ることが困難です。そのような状況下でも合意を取る方法のこと。

さ行

・さ

・Satoshi(サトシ)

ビットコインの価格を示す最小の単位のこと。

satoshiは1億分の1BTCのことで、1satoshi=0.00000001BTCとなる。

現在のレート(2021/02/28)で円に換算すると、

1BTC=500万円のため、500satoshi=1円となります。

・サトシ・ナカモト

ビットコインの生みの親として知られていますが、本名かどうかも怪しく正体不明です。

この人の論文が2008年に「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System. (Nakamoto)」として出され、

これをベースとしてビットコインネットワークが構築されました。

存在しているならば世界でもトップクラスの大富豪になっていることでしょうねw

・し

・塩漬け(しおづけ)

資産の価値が下落してもそのままにしておくこと。

将来的には資産価値が回復すると期待できる場合には有効。

「ガチホ」と異なるのは「下落してしまったので仕方なく」というイメージ。

時価総額(じかそうがく)

時価というのはその時点での単価のことで

時価総額は単価と発行枚数を掛けた数字のこと。

期待値を反映した尺度だが、過大評価される場合もあるため絶対的なものではない。

・シャーディング

ネットワーク全体をシャードと呼ばれるグループに分割し、

それぞれのシャードでブロックを生成することで処理速度を向上させる技術のこと。

・承認(しょうにん)

別名:confirm

取引で新たなブロックが生成されること。

・署名(しょめい)

ある取引においてその記録が本人かどうか確認する仕組みで、

全ての取引時において必要になる。

・信用取引(しんようとりひき)

仮想通貨を借りて取引をし、期間が過ぎた後に返す方法です。

レバレッジをかけるため高度なリスクを伴います。

・す

・スケーラビリティ問題

仮想通貨のブロックチェーン技術において、1ブロック中に書き込める取引データの数が限られていることにより起きる障害のこと。

容量がフル近くまで達してしまうと処理速度が低下し、送金遅延などの問題を引き起こす。

・ステーキング

別名:投票(Vote)

対象となる仮想通貨を保有してブロックチェーン上のネットワークに参加することで、対価として報酬をもらえる。これにより保有枚数を増やすことができる。

主に取引所や個人ウォレットから行うことができる。

・スナップショット

エアドロップは保有量に応じてもらえる量が異なるので、その貰える量を確定させること。

主に指定された期間・時間までに取引所やウォレットに特定の仮想通貨を移すことで受けられる。

・スプレッド

別名:取引手数料

売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のこと。

この値が大きいほど手数料が大きいことになる。

・せ

・そ

・相場(そうば)

ある一時点における市場上での需要と供給によって決まる取引価格のこと。

・損切り(そんぎり)

別名:ロスカット、ストップロス

損失を抱えている状態で保有している資産を売却して損失を確定させること。

購入した資産の価格が下落して、その後の回復が見込めないと判断できるケースでは有効です。

た行

・た

・dApps(ダップス)

別名:分散型アプリケーション

「decentralized applications」 の略称

ブロックチェーン技術を用いたサービスやゲームを提供するアプリの総称

・ち

・つ

・積み立て投資(つみたてとうし)

定期的に一定金額で仮想通貨を買い付ける方法です。

一気にたくさん買うよりも暴落時のリスクが減ります。

・て

・DeFi(ディーファイ)

別名:分散型金融

「Decentralized Finance」の略

銀行など、従来の金融分野のサービスを、イーサリアムやBSC上のブロックチェーンとその上で動くプログラムで実現するもの。ブロックチェーン技術を使用した金融サービス全般をさす。

ファーミング(ステーキング)、マイニング、レンディングなど様々なサービスを利用できる。

うまく利用すると年利50%以上という嘘みたいな資産運用もできる(マジ)

ただ送金時のミスや運営による持ち逃げ、ハッキングによる資金流出などまだまだ問題があり、

運用するには高度な知識、情報収集能力、リスク管理が求められる。仮想通貨投資初心者には全くお勧めしない。

・DEX(デックス)

別名:分散型取引所 例)Uniswap、Sushiswap

「Decentralized Exchange」の略

イーサリアムやBSCのブロックチェーン上のDeFiサービスを利用できる管理者のいない非中央集権型取引所のこと

仮想通貨を売買したい人同士が自らの秘密鍵とアドレスを用いて直接取引することができます。

・テンバガー

別名:10倍株

短期間で株価が10倍になった株のこと。

仮想通貨では株式に比べると達成しやすい。

テンとは英語で数字の「10」、バガーとは野球のスラングで「塁打」を意味する。

・と

・投機(とうき)

不確実だが当たれば利益の大きい事をねらってする行為。

仮想通貨への投資は厳密には「投資ではなく、投機である」と言われています。

ハイリスクハイリターンであるということ。自己責任で投資しましょう!

・トランザクション

別名:取引データ

仮想通貨を自分のアドレスから他のアドレスに移すこと。

秘密鍵により署名することで移転させることが可能となる。

入金をTxIN(トランザクションイン)、出金をTxOUT(トランザクションアウト)という。

・取引所(とりひきじょ)

別名:板取引

仮想通貨を持っている他のユーザーと取引をする場所です。

注文した条件と相手の条件が一致すれば取引が成立します。

一般的に販売所で取引するよりもスプレッド(取引手数料)が低いので、オススメ。

・ドルコスト平均法

通貨の価格が高い時には少なく、低い時は多く購入する方法。

平均取得単価を低くできること、枚数を増やしやすいことが利点です。

・token(トークン)

既存のブロックチェーン上でつくられたもので、企業や団体により管理が行われているもの。

な行

・な

・難平(ナンピン)

価格が下落した時点で買いを入れて、平均取得単価を下げる方法。

将来的には資産価値が回復すると期待できる場合には有効。

・に

・ぬ

・ね

・の

・ノード

P2Pネットワークに接続している端末のこと。

データの署名や取引データに不正がないかを検証し、

分散型台帳と比較することで監視・取引を承認する役割を持ちます。

は行

・は

・半減期(はんげんき)

ビットコインのマイニング時の採掘報酬が半減するタイミングのこと。

4年に1度起こり、2012年・2016年・2020年に起きている。

33回の半減期が起こると0になり上限枚数の2100万枚が発行されそれ以降はマイニングで採掘ができなくなる。

・販売所(はんばいじょ)

業者が保有している仮想通貨を購入する場所です。

業者から購入するためスプレッド(取引手数料)が多くかかります。

できれば、「取引所」で取引はするようにしましょう。

・ハーベスト

別名:収穫

”XEM(ゼム)”や”XYM(ジム)”という特定の仮想通貨で行える方法です。

通貨を一定量(1万枚)以上保有していると行うことができ、

保有量や取引量に応じて報酬を貰えます。

・ひ

・P2P(ピアツーピア)

「Peer-to-Peer」の略

「Peer」とは「情報共有を行う端末」という意味があり、ネットワークに接続している端末を「ノード」と言います。つまりP2Pネットワークとはノードが接続し合っているネットワークのことを指します。

・秘密鍵(ひみつかぎ)

自分だけが持っているウォレットの鍵のこと。

この鍵を使って取引や送金を行うことができます。

ウォレットを作成したら必ずどこかにメモしておき保管しておくこと。

他人に教えたり、紛失したら…保有している仮想通貨は全て無くなると思ってください。

・BSC(ビーエスシー)

「Binance Smart Chain」の略

海外取引所である「binance(バイナンス)」がイーサリアムのガス代高騰に対して、独自のブロックチェーン上で利用できるサービスを作った。

イーサリアム上のブロックチェーンと比較すると実質的には「binance」が管理している為分散性は劣るが、その分実用性に長けており取引手数料も安く済む。

・BTC(ビーティーシー)

ビットコインの通貨単位のこと。○○BTCのように示される。○○円みたいなもの。

ビットコインは0.00000001BTCが最小単位で、考案者の名前を取って1satoshiと呼ばれます。

・ふ

・ファーミング

別名:イールドファーミング

DEXなどのDeFiサービスに資産を貸し出すことで、

年利や手数料収入を得ることのできる運用モデルのこと。

・含み益(ふくみえき)、含み損(ふくみぞん)

まだ決済していない資産を現在価格で損益評価した時の金額のこと。

・PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

「Ploof of Work」の略

ビットコイン・イーサリアムなどの仮想通貨の取引や送金などのデータを正しく繋げるための仕組み。

これにより「取引の承認」を行い、安心と信頼を得ることができています。

・ブロックチェーン技術

別名:分散型台帳

仮想通貨の基盤にはこの仕組みが利用されています。

マイニング時の台帳への記録がこれに当たります。

一定期間のブロックをチェーンのように繋げていく時にコンピューター同士で正しい記録かどうか検証します。

これによりセキュリティ面に対して強くなります。

・BCG(ブロックチェーンゲーム)

ブロックチェーン技術により作られたゲームのこと。

仮想通貨の入ったウォレットが必要となる。

普通のゲームと異なる点はゲーム内のアイテムやキャラクターを仮想通貨により売買できること。

・分散投資(ぶんさんとうし)

投資では最も有名な方法ですが、

複数の通貨を買うことで1つの通貨が暴落した時の被害を最小限にすることができます。

ただ、様々な通貨の情報を日々集めることが必要だという欠点もあります。

・へ

・ほ

・法定通貨(ほうていつうか)

別名:ソブリン通貨、フィアット

日本円や米国ドルなど国の法律によって定められた通貨のこと。

国家により価値が保障されている。国が発行するため、中央集権型と言われる。

・ボラティリティ

別名:価格変動幅

価格の値動きが大きいことをボラティリティが高いと言い、

価格の変動が小さいことをボラティリティが低いと言います。

仮想通貨はボラティリティが高いです。そのためハイリスクハイリターンと言えます。

・ポートフォリオ

自分の総資産がどのようなものにどの割合で保有しているかを円状のグラフに示したもの。

仮想通貨はポートフォリオの1~5%保有するのが良いとされています。

(まぁ自分はそれ以上保有していますが、好きなのでw)

ま行

・ま

・マイニング

別名:採掘

取引の記録を一定期間毎に塊(ブロック)にして繋げる作業のことを言います。

主にビットコインのデータ処理に用いられていて、この作業により「新たな仮想通貨の発行」「取引の承認」を行うことが出来ます。

・マイナー

別名:採掘者

マイニング(採掘)を行う人のこと。主に大規模な施設をもつ中国の企業などが行っている。

不特定多数の個人や企業ができるので「取引の承認」をする「Pow(Proof of Work)」という仕組みで、安全と信頼を得ています。

・み

・む

・め

・銘柄(めいがら)

取引する株式、仮想通貨の名称のこと。

・も

や行

・や

・ゆ

・よ

ら行

・ら

・り

・利確(りかく)

別名:利食い

「利益を確定する」の略

保有している資産で含み益が出ているものを売却して利益を得ること。

・利ざや(りざや)

売買の差額により得られる利益のこと。

・る

・れ

・レバレッジ取引

証拠金を口座に入れておくことで、その数倍の取引ができる方法です。

例えば10万円の証拠金に対して4倍のレバレッジをかけたとすると40万円分の取引ができます。

しかし、損をしてしまうと証拠金を全て失うリスクがあるためハイリスクハイリターンと言えます。

・レンディング

別名:貸仮想通貨

仮想通貨を貸し出すことで利息を得られる方法。長期目線で保有する時にオススメ。

銀行で現金を貸し出すよりも圧倒的に年利が高く(1~5%)、取引をせずに放置で保有量を増やせる。

国内取引所だと「Coincheck」や「GMOコイン」、「bitbank」などが行っている。

・ろ

わ行

・わ

その他

・数字

・51%攻撃

ブロックチェーン技術の脆弱性をついた仮想通貨の不正取引のこと。

マイニング計算能力の過半数である51%を支配されてしまうと起こる。

だが現在のビットコインに対して行うには非常にコストがかかり、メリットも少ないためほぼ起こり得ないと言われている。

 

おすすめの仮想通貨取引所

みなさんが普段使っている国内取引所はどこでしょうか

初心者の方には「Coincheck(コインチェック)」

慣れてきた方には「bitbank(ビットバンク)」がおすすめです!

 

基本的に取引所の口座は多い方が取引できる銘柄数も多くなるので

この機会に是非、口座開設だけでもパパッとしておきましょう!

 

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheckは初心者の方にもっともオススメできる国内の仮想通貨取引所です!

 

Coincheckのおすすめポイント

1.国内最大級の17種類の仮想通貨を取扱い

2.初心者でもスマホアプリから簡単取引

3.PC機能も充実

などなど他にも初心者の方にオススメできるポイントが沢山あります

初心者の方がまず仮想通貨取引を始めるなら間違いなくここです!

\ アプリダウンロード数No.1 /

 Coincheckの口座開設はこちら

 

bitbank(ビットバンク)

bitbank

bitbankは仮想通貨取引に慣れてきた方にオススメする国内の仮想通貨取引所です!

 

bitbankのおすすめポイント

1.全ての銘柄が手数料の安い取引所で取引できる

2.24時間リアルタイムで入金可能

3.取引が口座開設後すぐに始められる

 

実はBinanceなどの海外取引所へ送金する際に最安最速で送れるのが「bitbank」なのです

bitbank取引所でXRPを買って送金するとほとんど手数料がかからず送金速度も速いのでオススメ

 

\手数料がとても安い/

 bitbankの口座開設はこちら 

 

取引所についてもっとくわしく

仮想通貨取引所おすすめランキング 日本・海外別に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA