仮想通貨を資産運用して年利を稼ぐ方法まとめ

 

今回は仮想通貨を資産運用して利息を得ることができる様々な方法について説明します!

 

初心者の方は意外と知らない人多いんじゃないかな?

仮想通貨は預けることで銀行と同じように年利が貰える方法があるんです。

 

一般的に年利ってどのくらい貰えるのか知っていますか?

銀行への預金              :0.001%~0.01%

投資家による資産運用:3~10%

このくらいが平均的だと言われていますが、

今回紹介する方法ではなんと約5%以上の年利を得ることができるんです!!

 

特にこんな方にオススメです

  • 日常生活が忙しいのでチャート分析や情報収集ができない方
  • ガチホ予定の方(長期目線でしばらく売る予定がない)
  • 取引するよりも放置して楽に稼ぎたい

当てはまった方は是非みていってね。

 

とこやん

取引所やウォレット上に放置はもったいない

ガチホするなら利息で仮想通貨の枚数を増やそう!

 

レンディング(年利:約1~5%):初心者向け

概要

レンディング

別名:貸仮想通貨

仮想通貨を貸し出すことで利息を得られる方法。長期目線で保有する時にオススメ。

銀行で現金を貸し出すよりも圧倒的に年利が高く(1~5%)、取引をせずに放置で保有量を増やせる。

 

専門的な知識は不要なので、仮想通貨投資初心者の方には特にオススメの方法です。

取引所がコインを借りたい人と貸したい人の仲介をしてくれて

借りた人には利息がつくのでその利息の一部が貸した人に報酬として貰えます。

満期になるとコインは利息分が増えて戻ってきます。

 

方法

①取引所の口座開設

②レンディング用のアカウント作成

③実際にコインを貸し出し

④満期になると利息の増えたコインが戻ってくる

 

取引所の比較

Coincheck(コインチェック) オススメ!

対応通貨:

BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,LSK,ETC,MONA,FCT,IOST,ENJ,QTUM

貸出期間と年利:

14日間:1.0%、30日間:2.0%、90日間:3.0%、180日間:4.0%、365日間:5.0%

最小数量(BTC):10万円相当~

中途解約:不可

GMOコイン

対応通貨:

BTC,ETH,BCH,XRP,LTC,XEM,XLM,BAT,OMG

貸出期間と年利:

1ヶ月:2%、3ヶ月:4%、6ヶ月:5%

最小数量(BTC):0.1~

中途解約:可能(解約手数料10%)

bitbank(ビットバンク)

対応通貨:BTC

貸出期間と年利:

1~5BTC:1%、5~10BTC:2%、10BTC~:3%

最小数量(BTC):1~

中途解約:可能(解約手数料5%)

 

利点と欠点

利点

・専門的な知識が不要

放置するだけでコインの枚数が増える

・日々のチャート分析・情報収集が要らなくなる

欠点

・取引所が破綻した場合にコインが戻ってこない可能性あり

・コイン自体の価値が値下がりすると損失となる可能性あり

・貸し出し中のコインは基本的に動かせない

 

ハーベスト(年利:約1~5%):中級者向け

概要

ハーベスト

別名:収穫

”XEM(ゼム)””XYM(ジム)”という特定の仮想通貨で行える方法です。

通貨を一定量(1万枚)以上保有していると行うことができ、

保有量や取引量に応じて報酬を貰えます。

更に詳しい説明は後日掲載予定!

方法

・デリゲート(委任)ハーベスト オススメ!

パソコンがオフラインでもハーベストが行える方法です。

他人のPCを借りて取引承認を行うため、電気代などのコスト削減になります。

ただし、手数料が別途必要になります。

・ローカルハーベスト

自分のパソコンを起動したままの状態で実行する方法です。

パソコンを起動し続けないといけないため電気代などのコストがかかります。

 

どちらも「Nano Wallet」というネム公式ウォレットをダウンロードしインストールした状態でハーベストを行います。

 

利点と欠点

利点

・パソコンさえあれば特別な機材が不要

・デリゲートハーベストならオフラインでも可能

・設定も比較的簡単なので詳しい仕組みが分からなくても大丈夫

・必要な時に仮想通貨を取り出すことができる

欠点

通貨を一定量(1万枚)以上保有している必要があるので初期投資が必要

・ローカルハーベストではパソコンを起動し続けないといけないため電気代などのコストがかかる

・ハーベスト報酬は保有量や取引量に依存するため、報酬が少なかったり貰えない場合がある

・全くの仮想通貨投資初心者には難しい

 

ステーキング(年利:約5~15%):中級者向け

概要

ステーキング

別名:投票(Vote)

対象となる仮想通貨を保有してブロックチェーン上のネットワークに参加することで、対価として報酬をもらえる。これにより保有枚数を増やすことができる。

主に取引所や個人ウォレットから行うことができる。

更に詳しい説明は後日掲載予定!

 

方法

・取引所に預ける方法

海外取引所「binance(バイナンス)」に口座を開設し、

金融メニューからステーキングを選ぶと様々な銘柄のステーキングが可能です。

それぞれの仮想通貨にはAPY(年利)が定められていて、

ロック期間に応じた年利が貰えますが、ロック期間が長いです。

 

↓「バイナンス」について詳しくはこちら!

【招待IDあり】海外取引所”Binance(バイナンス)”は手数料が安い?機能や使い方について

・個人ウォレットでノードに投票(Vote)する方法

”ETH(イーサリアム)”、”IOST(アイオーエスティー)”、”LSK(リスク)”など特定の通貨のみ個人ウォレット上からステーキングをすることが出来ます。

この方法は投票(Vote)というのですが、様々なノードの中から自分で投票先を選択する必要があります。ロック期間は申請してから3日でロックを解くことができます。(IOSTの場合)

ノード

P2Pネットワークに接続している端末のこと。

データの署名や取引データに不正がないかを検証し、

分散型台帳と比較することで監視・取引を承認する役割を持ちます。

 

利点と欠点

利点

・取引所で行う方法はメニューから選べば良いだけなので操作が簡単

・個人ウォレットで行う方法はロック期間が短い

・行うと決められた年利を得ることができる

欠点

・取引所で行う方法はロック期間が長い取引所が破綻した場合のリスクがある

・個人ウォレットで行う方法は操作が複雑

・ロックしている期間は取り出せないので、仮想通貨自体の価格変動で損失を被る可能性

 

ファーミング(年利:10%~数百%):上級者向け

概要

ファーミング

別名:イールドファーミング

DEXなどのDeFiサービスに資産を貸し出すことで、

年利や手数料収入を得ることのできる運用モデルのこと。

 

これだと???だと思うので、DEXやDeFiの説明も載せておきます。

DEX(デックス)

別名:分散型取引所 例)Uniswap、Sushiswap

「Decentralized Exchange」の略

イーサリアムやBSCのブロックチェーン上のDeFiサービスを利用できる管理者のいない非中央集権型取引所のこと

仮想通貨を売買したい人同士が自らの秘密鍵とアドレスを用いて直接取引することができます。

DeFi(ディーファイ)

別名:分散型金融

「Decentralized Finance」の略

銀行など、従来の金融分野のサービスを、イーサリアムやBSC上のブロックチェーンとその上で動くプログラムで実現するもの。ブロックチェーン技術を使用した金融サービス全般をさす。

 

つまり、このDeFiと呼ばれるサービスをDEX上で自分で行う必要があり、設定しないといけません。

しかもほとんどが英語になるので情報収集も難しいです。

なので10%以上(リスクを取れば数百%)の高い年利が得られるといってもリスクが大きいので初心者には全くお勧めできません。まさにハイリスクハイリターンです

 

現在、イーサリアムの手数料が高騰しているため一般の方には「Uniswap」「Sushiswap」などのイーサリアム系のDEXはお勧めしません。

なぜなら利益よりも手数料の方が多くなってしまうことが多いからです。(500万円以上の資産が最低必要)

追記(2021/03/07)

イーサリアムの手数料が7月のアップデートで改善されると発表されました。

改善されればイーサリアム系のDEXも小口の方も使いやすくなるかもしれないですね。

参考 イーサリアムのガス手数料改善提案、7月の「ロンドン」ハードフォークで実装へCOINTELEGRAPH

 

自分がまずオススメするのはBSC系のDEXである「Pancakeswap」です。

BSC(ビーエスシー)

「Binance Smart Chain」の略

海外取引所である「binance(バイナンス)」がイーサリアムのガス代高騰に対して、独自のブロックチェーン上で利用できるサービスを作った。

イーサリアム上のブロックチェーンと比較すると実質的には「binance」が管理している為分散性は劣るが、その分実用性に長けており取引手数料も安く済む。

 

方法(Pancakeswap)

<準備編>

①オンラインウォレットをインストールする

②ウォレット上でBSCの設定をする(Metamask)

③国内取引所で仮想通貨を購入する

binanceに③で購入した仮想通貨を送金する

⑤送金された仮想通貨をBNBに変える

⑥BNBをBSCのウォレットに送る

<実践編>

⑦Pancakeswap上でBNBの半分を他の通貨にSwapする

⑧Pancakeswapで通貨をペアで貸し出す(ファーミング)

⑨収穫したCAKEを複利運用する(ステーキング)

 

初心者の方にはあまりおすすめできません・・・

冗談ではなく本当に難しいので、資産を失いかねません。

自己責任ですよ!

 

「ファーミング」を始める方法はこちら!

【BSC DeFi】PancakeSwapでファーミングして高年利を稼ごう!(準備編)

 

利点と欠点

利点

高い年利を得ることが出来る

・資金がロックされないので自由に取り出せる

・実際にDeFiとはどんなものなのか体験できる

欠点

ハッキングや運営の悪用詐欺などがある(常に情報収集が必須)

・ウォレット送金時にアドレスを間違えると資産を失う

・操作が非常に難しい

国による規制が行わる可能性がある

・仮想通貨バブルが終わると高い年利を得られなくなる可能性がある

インパーマネントロスによって通貨の枚数が増減する可能性がある

インパーマネントロス

ペアにした通貨では、ペア同士のバランスが一定になるように調整されているので

通貨に大きな価格変動があった場合、枚数が増減すること

 

まとめ

いかがだったでしょうか!

仮想通貨はハイリスクなのでこのように高い年利を得ることが出来るんですね。

それぞれの利点・欠点を把握して、初心者の方はまずレンディングから挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

↓分からない用語があった方はこちら!

仮想通貨の用語集まとめ

SNSの登録をお願いします!

Twitter

Youtube

 

LINEオープンチャット「とこやん組」

Twitterやブログでは書かないような情報も公開しています

最低限のマナーを守れる方はどなたでも歓迎していますよ(ルールはノート参照)

LINEオープンチャットに参加

 

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨取引所はbinance(バイナンス)がオススメです。

海外の取引所ですが、現在は日本語対応されています。

取り扱い通貨は160種類以上もあるので様々な仮想通貨を購入したい方にオススメ!

また、クレジットカードでの仮想通貨の購入もできます。

このリンクから購入すると取引手数料の10%が永久キャッシュバックされますので是非!

注意
海外取引所の利用は法律上グレーです。自己責任でお願いします。

binance口座開設はこちら!

 

↓「バイナンス」について詳しくはこちら!

【招待IDあり】海外取引所”Binance(バイナンス)”は手数料が安い?機能や使い方について

2 COMMENTS

もね

はじめまして、もねと申します。
レンディング・ハーベストは存じ上げていたのですが、
ステーキング・ファーミングはこちらの記事で初めて知りました!

ファーミングの仕組み、市場に流動性を提供することで利息を得る、と理解しましたがなかなか難しいですね・・・
ブロックチェーンの長所をうまく生かした金融商品だと思うので、一般にも認知広がってほしいなと感じました!

コメント失礼しました!

返信する
とこやん

もねさん、コメントありがとうございます!
ファーミングは難しくリスクもありますが、その分利益も多いので
仮想通貨投資に慣れてきた方には挑戦してもらいたいなと思っています。
詳しい説明は後日また記事を書きたいと思っていますので、是非みてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA