暗号資産(仮想通貨)とは何か

 

今回は仮想通貨投資をこれから始める初心者さん向けの記事になります。

 

仮想通貨について

  • 聞いたことはあるけど、怪しいしよく分からない
  • 投資を始めたいけど、どうやって始めるの?

という方にオススメですよ!

 

この記事を読めば、仮想通貨とはどのような仕組みなのか。

また、どのように投資を始めれば良いのかが分かります!

 

とこやん

2017年から仮想通貨の現物投資を始めたボクが、初心者にも分かりやすく説明するよ!!

暗号資産(仮想通貨)とは?

定義

仮想通貨は日本では「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

  1. 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  2. 電子的に記録され、移転できる
  3. 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

 

これを見てほとんどの人は

初心者くん

うん、いまいちよく分からん!

となりますよね。

 

簡単に言うと「インターネット上で取引ができて、国による影響を受けない財産的価値のあるもの」です。

つまり、ビットコインなどの仮想通貨で買い物をしたり、また様々な国の法定通貨と交換できるということですね。

 

たとえばビットコインが世界中で共通の通貨で利用できるとしたら、

海外旅行に行く際に日本円をわざわざその国の法定通貨に交換する手間が省ける訳です。

 

初心者くん

ふーん、確かに便利そうかも?

と思ってもらえましたか?

 

利点・欠点

先程説明した通り、仮想通貨は従来の通貨とは全く異なる性質や機能を持っています。

そこで仮想通貨の利点・欠点について述べていきます。

利点

1.手数料が少ない

2.送金スピードが速い

3.個人間で直接送金できる

4.少額からいつでも投資を始めることができる

5.将来性に期待できる

6.暗号化されているのでセキュリティが高い

欠点

1.価格変動が大きい

2.ハッキング紛失などの問題

3.国による法的規制

4.日本では税率が高い(最大55%)

5.詐欺の存在

暗号資産(仮想通貨)はどうやって発行されるのか

政府や中央銀行が関係しないとなると、どこから仮想通貨は発行されるのでしょうか?

ビットコインを例にすると主にマイニング(採掘)というデータ処理により発行されています。

ここら辺の話はどうしても難しくなってしまうので、気になる人だけ読んでください!

ビットコインのマイニング(採掘)

マイニングとは取引の記録を一定期間毎に塊(ブロック)にして繋げる作業のことを言います。

この作業により「新たな仮想通貨の発行」「取引の承認」を行うことが出来ます。

マイニングには膨大な電力と高性能のコンピューターが必要となるため、報酬としてマイナー(採掘者)には所定のビットコインが支払われます。これが「新たな仮想通貨の発行」です。

マイナー(採掘者)は不特定多数の個人や企業なので「取引の承認」をする「Proof of Work(POW)」という仕組みで、安全と信頼を得ています。

とこやん

簡単に言い換えると

「宝の山からビットコインを掘り当てるためにエネルギーがたくさん必要だから、

掘り当てた人には報酬をあげる!掘れたら台帳に記録しておいてね」

ということなんだ。

 

また、ビットコインの発行上限は2,100万枚と予め決まっていて掘れる量には限りがあり

4年に1度マイ二ングの採掘量が半減する半減期もあるので

金(ゴールド)のように希少性が高いんです。

 

ブロックチェーン(分散型台帳)

仮想通貨の基盤にはブロックチェーンという仕組みが利用されています。

マイニング時の台帳への記録がこれに当たります。

一定期間のブロックをチェーンのように繋げていく時にコンピューター同士で正しい記録かどうか検証します。

これによって過去のデータを改ざんしようとした場合にその地点から後続のブロックも全ていじらなければならないので、実質的に改ざんされにくい構造になっているんですね。

この仕組みによりビットコインはセキュリティ面においても信頼があります。

暗号資産(仮想通貨)の種類

いきなりですが某有名ホストの

???

俺か、俺以外か。
という名言ありますよね?

同じように仮想通貨はビットコインその他(アルトコイン)に分けられます。

アルトコイン

アルトコインは2021年現在2,000種類以上存在していると言われ、それぞれのコインには特徴があります。

中には詐欺(スキャ厶)コインもあるので注意が必要です。

また、価格変動も非常に多いです。

 

なので仮想通貨投資初心者さんはまず、

最初はアルトコインではなくビットコインに少額投資していくのがオススメです。

知識をつけ、将来に期待できると思うアルトコインをもし見つけたら是非そちらにも投資していきましょう!

 

どうやって投資を始めるのか

ここまで見て下さり仮想通貨の価値に魅力を感じたら少額から投資を始めてみてはいかがでしょうか?

 

仮想通貨を購入するには仮想通貨交換所の口座を開設する必要があります。

仮想通貨交換所では売買を始め、仮想通貨に関する様々なアクションが可能です。

 

取引所・販売所の違い

仮想通貨交換所には取引所と販売所があります。

そこで、取引所と販売所の違いについて述べます。

・取引所 オススメ!

仮想通貨を持っている他のユーザーと取引をする場所です。

注文した条件と相手の条件が一致すれば取引が成立します。

 

・販売所

業者が保有している仮想通貨を購入する場所です。

業者から購入するためスプレッド(取引手数料)が多くかかります。

 

購入する際はできれば「販売所」ではなく手数料の少ない「取引所」がオススメです。

実は初心者さんはよく販売所で買ってしまうんですよね。(自分もそうでした)

「購入したらいきなり資産額減ったんだけど!」みたいに言う人もいます。

それ手数料たくさん取られてるからですw 気を付けてね。

 

↓「仮想通貨取引所」のおすすめはこちら

仮想通貨取引所おすすめランキング

 

仮想通貨投資の種類

投資をする方法にも種類があります。

個人的にはリスクの少ない現物取引と積み立て投資がオススメです。

・現物取引 オススメ!

仮想通貨を実際に売買する方法です。

円などの法定通貨を対価として購入を行います。

 

・積み立て投資 オススメ!

定期的に一定金額で仮想通貨を買い付ける方法です。

一気にたくさん買うよりも暴落時のリスクが減ります。

 

・レバレッジ取引

証拠金を口座に入れておくことで、その数倍の取引ができる方法です。

例えば10万円の証拠金に対して4倍のレバレッジをかけたとすると40万円分の取引ができます。

しかし、損をしてしまうと証拠金を全て失うリスクがあるためハイリスクハイリターンと言えます。

 

・信用取引

仮想通貨を借りて取引をし、期間が過ぎた後に返す方法です。

この方法もレバレッジをかけるため高度なリスクを伴います。

 

リスクの低い投資法

・分散投資 オススメ!

投資では最も有名な方法ですが、

複数の通貨を買うことで1つの通貨が暴落した時の被害を最小限にすることができます。

ただ、様々な通貨の情報を日々集めることが必要だという欠点もあります。

 

・ドルコスト平均法 オススメ!

通貨の価格が高い時には少なく、低い時は多く購入する方法。

平均取得単価を低くできること、枚数を増やしやすいことが利点です。

 

・ガチホ オススメ!

「ガチ(本気)でホールド(保有)」の略。

短期目線でトレードを繰り返すことは難しいので

長期目線で多少の暴落があっても保有し続けることです。

ただ、大暴落したときに保有し続けると損益が膨らむ可能性があるので場合によっては損切も必要です。

 

「ガチホ」について詳しく

ド素人でも仮想通貨で勝てる投資法

 

以上になります!役に立つ情報があれば随時更新していきます。

仮想通貨に少しでも興味を持った方は少額からでも投資を始めてみてください!

 

↓分からない用語があった方はこちら!

仮想通貨の用語集まとめ

SNSの登録をお願いします!

Twitter

Youtube

 

LINEオープンチャット「とこやん組」

Twitterやブログでは書かないような情報も公開しています

最低限のマナーを守れる方はどなたでも歓迎していますよ(ルールはノート参照)

LINEオープンチャットに参加

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨取引所はbinance(バイナンス)がオススメです。

海外の取引所ですが、現在は日本語対応されています。

取り扱い通貨は160種類以上もあるので様々な仮想通貨を購入したい方にオススメ!

また、クレジットカードでの仮想通貨の購入もできます。

このリンクから購入すると取引手数料の10%が永久キャッシュバックされますので是非!

注意
海外取引所の利用は法律上グレーです。自己責任でお願いします。

binance口座開設はこちら!

 

↓「バイナンス」について詳しくはこちら!

【招待IDあり】海外取引所”Binance(バイナンス)”は手数料が安い?機能や使い方について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA