仮想通貨”IOST”とは?投資した理由

 

今回は自分が投資している仮想通貨である

”IOST(アイオーエスティー)”について詳しく述べたいと思います!!!

 

仮想通貨投資をしている人はIOSTについて少しは聞いたことがあるんじゃないかな?

そんな気になっている方達にも自分の投資経験も含めて分かりやすく説明していきますよ!

 

いや~本当に知れば知るほどIOSTの事が好きになっちゃって(投資家としては失格ですがw)

その魅力を是非分かってもらいたいです。

 

とこやん

IOSTには魅力がいっぱい!

面白いよ!!!

仕組み・特徴

概要

IOSTは2018年1月にIOST財団により中国で開発された比較的新しい仮想通貨です。

正式名称は「Internet of Services Token」

アメリカ、中国、シンガポール、ヨーロッパ、韓国、そして日本など様々な国にオフィスを構えています。

IOSTの目的はブロックチェーンを活用したサービスを構築するためのプラットフォーム(基盤)となること。

そのブロックチェーンを活用したサービスは「dApps」と呼びます。

dApps(ダップス)

別名:分散型アプリケーション

「decentralized applications」 の略

ブロックチェーン技術を用いたサービスやゲームを提供するアプリの総称

IOSTの共同創業者でCTO(最高技術責任者)であるテリー氏はIOSTを「第3世代のパブリックブロックチェーンである」と述べています。(第1世代:ビットコイン、第2世代:イーサリアム)

価格の推移

出典:coinmarketcap

過去最高値 約14円(2018年1月)

現在価格     約4.5円(2020年3月)

つい最近まで0.5円前後で推移し価格変動も少なかったのですが

2020年の年末頃にビットコインの価格上昇と共に動き始め

直近の高値は約7円をつけています。

 

特徴

・シャ―ディングによるスケーラビリティ問題解消

→手数料が安く済み、送金速度も速い

シャ―ディング

ネットワーク全体をシャードと呼ばれるグループに分割し、

それぞれのシャードでブロックを生成することで処理速度を向上させる技術のこと。

スケーラビリティ問題

仮想通貨のブロックチェーン技術において、1ブロック中に書き込める取引データの数が限られていることにより起きる障害のこと。

容量がフル近くまで達してしまうと処理速度が低下し、送金遅延などの問題を引き起こす。

・独自のコンセンサスアルゴリズム

「PoB(Proof of Believability)」

分散型(非中央集権)であり、処理速度が速くセキュリティ性が高い!

処理速度の例:

イーサリアム(ETH):15件/秒

IOST                      :8000件/秒

「PoW(Proof of Work)」ビットコインやイーサリアム

→取引量増加に伴って処理遅延や手数料の高騰が問題となる

コンセンサスアルゴリズム

別名:取引承認方法

中央集権的な管理者が存在しないP2Pネットワークでは、システムを保つために意見が食い違ったときに合意を得ることが困難です。そのような状況下でも合意を取る方法のこと。

サービス開発がしやすい設計

JavaScriptで開発できる(多くのプログラマーが使用できる言語)

ブロックチェーンを使用したサービスを開発するのに参入しやすい

 

将来性

DeFi分野への発展

様々なパートナーシップの締結やDEX(分散型取引所)に関するプロジェクトを進めています。

→DeFiについては今後詳しい記事を作ります!

DeFi(ディーファイ)

別名:分散型金融

「Decentralized Finance」の略

銀行など、従来の金融分野のサービスを、主にイーサリアムやBSC上のブロックチェーンとその上で動くプログラムで実現するもの。ブロックチェーン技術を使用した金融サービス全般をさす。

DEX(デックス)

別名:分散型取引所

「Decentralized Exchange」の略、例:Uniswap,Sushiswapなど

中央集権の管理者が存在しない取引所のこと。

仮想通貨を売買したい人同士が直接、自らの秘密鍵とアドレスを用いて取引する。

ブロックチェーン上に存在している非中央集権型のためセキュリティ面でも優れています。

追記(2021/03/05)

Polkadot(DOT)とのクロスチェーンテクノロジー開発を進めているとの情報が入りました!

DOTは時価総額6位のスーパー通貨なのでこれからの爆発的な成長に期待大ですね!!!

参考 【解説】IOSTがPolkadotと接続する意味JIOSTA

BCG分野への進出「クロスリンク」など

クロスリンクはお小遣いが稼げるGPS連動の国内産ブロックチェーンゲーム。

ヒーローを派遣したり、巨大レイドボスを撃破すると、報酬でビットコインやIOSTが入手できる。

また、NFTマーケットプレイスがありIOSTを用いてユーザー同士でゲーム内のアイテム土地を売買可能!

自分も楽しんでプレイしています。

↓「クロスリンク」について詳しくはこちら!

BCG「CrossLink(クロスリンク)」仮想通貨を稼げるゲーム!?

 

BCG(ブロックチェーンゲーム)

ブロックチェーン技術により作られたゲームのこと。

仮想通貨の入ったウォレットが必要となる。

普通のゲームと異なる点はゲーム内のアイテムやキャラクターを仮想通貨により売買できること。

NFTマーケットプレイス

NFTは「Non-fungible token」の略

ブロックチェーン上に記録されたゲームのキャラクター、美術品、不動産等などのNFTを仮想通貨と交換できる。2021年度に入り拡大が爆発的に起こっている。

 

・エアドロップによる価格の変動

IOSTは過去に3度エアドロップを行っていますが、いずれも直前に価格が上昇しました。

2018年7月に海外の仮想通貨取引所Binanceで行われたエアドロップでは1ユーザー100IOSTを配布。

2019年5月にはDappRadarにてエアドロップを実施し、総計500,000IOSTを配布。

2021年3月にも様々な取引所でDONトークンの配布がありました(2021年夏にも再度配布あり)

エアドロップ

プロジェクトが投資家に対して、仮想通貨やトークンを無料で配布すること。

知名度や流動性を高め、保有するユーザーを増やすことが目的とされている。

 

IOSTが購入できる取引所

IOSTに興味を持ち投資してみたくなった人は以下の取引所がオススメです!!

海外取引所:Binance(バイナンス) オススメ!

↓このリンクから購入すると取引手数料の10%が永久キャッシュバックされます!

binance口座開設はこちら!

日本人が利用できる海外取引所はバイナンスがオススメです。

板取引できるので手数料が安く済みますし、指値取引が可能です。

注意
海外取引所の利用は法律上グレーです。自己責任でお願いします。

↓「バイナンス」について詳しくはこちら!

【招待IDあり】海外取引所”Binance(バイナンス)”は手数料が安い?機能や使い方について

国内取引所:Coincheck(コインチェック)

Coincheck口座開設はこちら!

2020年に初めてIOSTは国内取引所に上場しました。

日本の国内取引所に上場するには様々なテストをクリアしなければならないので、

上場しているという事自体でも評価できますね!

今のところ国内で取引できるのはここのみですが、

「販売所」でしか購入できないため手数料が高いです。

 

他の取引所も知りたいという方はこちら!

仮想通貨取引所おすすめランキング

SNS上でのIOST

Twitter上ではIOSTが好きな人がたくさんいるんです!!!

そんな人達と日々ワイワイするのが自分はすごく楽しい。

IOSTは通称”イオスト”と呼ばれ、イオストを保有している人は”イオスター”や”イオストラー”と言います。

 

IOSTの非公式擬人化キャラ「IOSTちゃん」

すごく可愛くないですか!?

この方の絵がめっちゃ好みで…

実はとこやんのイラストもこの方に依頼して描いて頂いたんですよ!!!

とこやん

ありがたや~

気になった人は是非フォローしてね!

 

格闘家の朝倉未来さんもIOSTを保有しています!

たまたま勘で0.6円の時に数百万円分購入していたみたいです。

普通の人には考えられない天性の持ち主ですね!すごい!

話によると「5億円」になるまで売らないそうですよガチホ勢の極み。

 

↓IOST日本語版公式アカウントもあります。

 

 

とこやんの投資話

ここからは自分語りになるので、興味のある人はみてね!!!

注意

IOSTへの投資を推奨するものではありません!

今後の銘柄選びの参考になればと思います。

投資は自己責任でね。

 

自分は2021年1月頃に仮想通貨がバブルになっているという情報をつかんで2017年以来久しぶりに投資してみようかな~と思ってコインチェックの相場を覗きました。

その時ビットコインの価格は約300万円まで上昇していて、今から入るのはどうかと考えました。(2021/03現在は約550万円まで上昇しましたが!)

そこで気になったのが2017年頃にはなかった銘柄「IOST」だったんです。

しかもその頃の価格は0.5円で時価総額も低く、調べてみると将来性が期待できそうなものでした。

しかし価格変動がほぼなく推移していたので「もし動きがあったら買ってみよう!」そう考えました。

 

そしてついに!!!

価格の上昇が起こったので0.8円の時に買ってみたんです。

出典:coinmarketcap

 

現在では元々の資産が5倍ほどになりました!!!

とこやん

ありがとう、IOST。

君が居なかったら仮想通貨にまたハマることはなかった!!!

 

個人的な見解ですが過去最高値(約14円)までは上がると考えているので、

ガチホしてそのくらいまで価格が上昇したら一部は利確するつもりです。

 

「ガチホ」について詳しくはこちら!

ド素人でも仮想通貨で勝てる投資法

まとめ

今回の記事は以上になります!いかがだったでしょうか。

 

特徴をまとめると

シャ―ディングによりスケーラビリティ問題の解消が可能

・独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB」を持つ

サービス開発がしやすい設計「Javascript」で開発可能

 

将来性については

DeFi(分散型金融)への発展

BCG(ブロックチェーンゲーム)への進出

エアドロップによる価格の変動

 

などが挙げられました!IOSTの今後に期待ですね

 

分からない用語があった方はこちら!

仮想通貨の用語集まとめ

SNSの登録をお願いします!

Twitter

Youtube

 

LINEオープンチャット「とこやん組」

Twitterやブログでは書かないような情報も公開しています

最低限のマナーを守れる方はどなたでも歓迎していますよ(ルールはノート参照)

LINEオープンチャットに参加

おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨取引所はbinance(バイナンス)がオススメです。

海外の取引所ですが、現在は日本語対応されています。

取り扱い通貨は160種類以上もあるので様々な仮想通貨を購入したい方にオススメ!

また、クレジットカードでの仮想通貨の購入もできます。

このリンクから購入すると取引手数料の10%が永久キャッシュバックされますので是非!

注意
海外取引所の利用は法律上グレーです。自己責任でお願いします。

binance口座開設はこちら!

 

↓「バイナンス」について詳しくはこちら!

【招待IDあり】海外取引所”Binance(バイナンス)”は手数料が安い?機能や使い方について

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA